過去にはNYは危険な観光地であるといわれた時期もありましたが、今はアメリカ国内でも比較的犯罪率の低い街になっています。
今、犯罪率が高いのはデトロイト、メンフィスなどです。犯罪率が低くなったとはいえ日本のそれとは比べ物になりません。
日本ほど安全な国はないからです。どうやって身を守るかを気にしながら旅行をするのは楽ないが、最低限注意したいことをまとめてみました。

まず、最近増えている犯罪が地下鉄や人混みの中でスマートフォンやiPadなどを狙ったスリです。日本では地下鉄の中でスマートフォンを使っていても何の問題もありませんが、NYでは明らかに観光客と分かる人がスマートフォンを使っているとスリのターゲットになってしまいます。

交通網などを調べたい時には、地上のカフェなど安全な場所で調べるようにしましょう。夜間のスマートフォンも危険です。夜間はスリよりも危険な「ひったくり」に合ってしまう危険が増します。万が一盗まれてしまったら気付いた時すぐに警察署に報告することが大切です。

ニューヨークでの犯罪はドラッグを巡るものもとても多いのが実情です。
マリファナなどの違法薬物を使用しないのはもちろんのこと、薬物を使用している人がいるところには近づかないのが無難です。パーティーやクラブなどではドラッグを使用した人も集まりやすいので、観光でニューヨークを訪れた時には夜遅くまで遊び歩くのは避けてください。
また、明らかに行動がおかしい人からはすぐに離れてください。

通行中、体が触れてしまったら「エクスキューズミー」と謝罪をするのも犯罪から身を守る一つの方法です。ニューヨークでは知らない人の体が接近するのを嫌う人が多く、ぶつかってしまった時や接近する時などに謝罪をしないと暴力を振るわれたというケースもあるようですから気をつけてください。

家族旅行ではホテルのベッド数も注意が必要です。観光客が多いとはいえ、ビジネスマンの多いNYのホテルではベッドが1台しかないホテルの部屋が主流です。
ツインの部屋数はとても少ないので気をつけて。ベッドが1台でもサイズによっては二人で眠れることもありますので、予約の時にしっかりと確認しておきましょう。
また、予約の時に2部屋を同じ名前で予約しても階層の違う部屋になってしまう場合があります。

日本ほど気を利かせてはくれませんので、不安な時は予約をした旅行会社に確認しておくことが観光を楽しむためには大切になります。